ベッドサイドから政治を変える!日本看護連盟

青年部ブログ

  • HOME
  • 青年部TOP
  • 「できない」からしないではなく、「できる」ために何をするか!
青年部ブログ
2019.05.09

「できない」からしないではなく、「できる」ために何をするか!

新潟県看護連盟青年部委員長

保科孝人

自己紹介

 現在、長岡赤十字病院の腎臓内科・膠原病内科病棟で看護係長(副師長)をしています。新人から数年間は救急病棟を経験し、今の慢性期病棟に希望して異動しました。なぜかというと、ベッドサイドで患者や家族と話を繰り返し、目標を定め、ともに目標達成のために頑張っていくことが、私にとって喜びであり楽しかったからです。しかし、毎日時間外業務となり体はヘトヘト、自分のやりたい看護ができないと感じたことも多かったです。ある時「できない」からしないのではなく、「できる」ために何をするか考えられるようなりました。管理職を目指したのも、自分やスタッフがやりたい看護を提供するために、環境を整えたいと考えたからです。そんなときに、看護連盟の活動に参加できる機会をもらいました。

看護連盟青年部に入ったきっかけ

 新潟県看護連盟青年部は、平成21年度から立ち上がり、第10回全国ポリナビワークショップを平成28年に開催し、企画運営にも携わりました。私は平成26年から参加しています。活動の中で、様々な環境の中で葛藤を抱えながら働く看護師の話を聞きました。また、自施設から出たことがなかった私は、自分の置かれている環境を客観的にみることができ、改善に向けてのヒントをもらったり、モチベーションの向上にもつながりました。経験は人を成長させ、立場はものの見方を変えてくれます。

 青年部活動は、自身の成長につながっていると感じています。

一番よかったことは仲間ができたこと

 ナースマン実行委員会の初参加の時も、全国の青年部に皆さんに初めて会うときも、とても楽しみでした。せっかく出会った仲間とは、いつまでもお互いに刺激を与えつつ、楽しく心強い関係でありたいと考えています。

これからの抱負

 新潟県は縦に長く、青年部活動が及んでいない地域もありますが、石田まさひろ参議院議員と共にキャラバン隊を組んで全県をまわり、多くの看護職に会って親交を深めることができました。青年部員一人ひとりが自立した行動がとれる看護職として大きく成長できるように、仲間たちと看護連盟の活動を広げていきたい。

Pagetop