ベッドサイドから政治を変える!日本看護連盟

MINIアンフィニ

MINIアンフィニ
2020.07.07

MINI N∞[アンフィニ]No.400

 レポート:COVID-19に対して、都道府県看護連盟はどのように動いたか[1]

 (1)感染予防物品の現場調査結果から自民党県連に支援を要望【岩手県看護連盟】

(2)メーリングリストを活用して県内施設管理職・連盟役員・支部長との情報交換【鳥取県看護連盟】

(3)COVID-19対応の市立病院等に交付金申請の働きかけ、医療従事者へのPCR検査実施の要望【鹿児島県看護連盟】

(4)現場の状況を聴取し、自民党県連に要望【徳島県看護連盟】

(5)COVID-19患者受け入れ施設の実態調査をもとにあべ俊子衆議院議員に要望書を提出【岡山県看護連盟】

(6)知事、市長、地元国会議員、自民党県連などへ幅広く要望書を提出【長崎県看護連盟】

(7)看護師養成機関へマスク配布、PCR検査の公費での実施・医療従事者への誹謗中傷対策を要望【秋田県看護連盟】

(8)自民党国会議員・自民党県連への働きかけ、マスク・プラスチックグローブの配布【三重県看護連盟】

(9)村岡知事、県議会議長宛に「新型コロナウイルス感染症対策に関する要望書」を提出【山口県看護連盟】

mini200707のサムネイル

Pagetop