ベッドサイドから政治を変える!日本看護連盟

看護連盟NEWS

  • HOME
  • 看護連盟NEWS
  • 自分たちの「いのちとくらし」がある中で、「いのちを守る」使命感で頑張っているナースの皆さまへ
 – あべ俊子衆議院議員からのメッセージ
看護連盟NEWS
2020.04.15

自分たちの「いのちとくらし」がある中で、「いのちを守る」使命感で頑張っているナースの皆さまへ
 – あべ俊子衆議院議員からのメッセージ

 皆さまは今、新型コロナウィルス感染症と現場の最善線で戦いながら、自分自身の家族も守っていかなくてはいけません。
 「いってきます」と、ナースを待つ患者のもとへいく、皆さんの勇気に感謝します。

 「新型コロナウィルスの患者が出た病院で働いているお母さんいるよね?」と、子どもが学校でからかわれた話。「お母さんが新型コロナウィルスの患者さんがいる病院で働いている」という理由で、別部屋で保育された息子を迎えにいったナースの話に、胸が張り裂けそうになりました。それでも頑張る皆さまに、ありがとう。

 全国のナースが、心身ともに負担の大きい現場で働いていることを心に刻み、皆さまに応援していただいている看護の代表として、しっかりと国民の声をあげていきます。

 患者に寄り添って、見えないコロナとの闘いに果敢に挑む皆さまへ、こころから、ありがとうございます。どうぞ、どうぞ、よろしくお願いいたします。

地元地方議員とのzoom会議

Pagetop