看護連盟NEWS

  • HOME
  • 看護連盟NEWS
  • あべ俊子衆議院議員 木村やよい衆議院議員 ご当選おめでとうございます!
看護連盟NEWS
2017.10.25

あべ俊子衆議院議員 木村やよい衆議院議員 ご当選おめでとうございます!

第48回衆議院選挙は、10月22日に投票開票が行われ、看護職の衆議院議員候補、あべ俊子議員と木村やよい議員が見事に当選を果たしました。

今回の選挙では、全国の看護連盟からの応援も大きな力となりました。また、看護協会の方々も応援してくださいました。二候補の当選は、地元後援会と看護界の協力による勝利と言ってよいでしょう。

 

岡山3区の選挙結果 あべ俊子候補 59,488票 5選達成!

 あべ俊子候補は、2005年の初当選から数え5度目となる選挙に臨みました。岡山3区は、かつて自民党の有力者と言われた平沼赳夫前衆議院議員が強固な地盤を築いてきた選挙区。これまでの4回の選挙では、平沼陣営の地盤を崩すまでには至らず、比例復活当選を続けておりました。今回の選挙前に平沼赳夫前議員は引退を表明し、平沼陣営は、平沼前議員の次男を擁立しました。2015年に平沼前議員は自民党に復帰が認められました。しかし、岡山3区の自民党支部長はあべ議員が務めています。自民党岡山県連は候補者の調整ができず、両者無所属で立候補し(あべ候補は自民党推薦)、当選者に自民党の追加公認を出すという事態になりました。

無所属での戦いのなか、猪口邦子参議院議員、石田まさひろ参議院議員が応援に駆けつけてくださいました。ご自身の選挙もあるにも拘わらず、佐藤勉衆議院議員、棚橋泰文衆議院議員、江渡聡徳衆議院議員も応援にいらっしゃいました。たかがい恵美子参議院議員、自見はなこ参議院議員も応援に入られました。また、河野太郎外務大臣、野田聖子総務大臣からは応援のビデオメッセージが届けられました。

無所属ゆえに様々な制約を受け、比例復活もない厳しい選挙戦となりましたが、12年にわたるあべ議員の地元に対する地道な活動が支援の輪を広げており、看護界からの応援と相俟って、初めて選挙区での当選を勝ちとりました。

京都3区の選挙結果 木村やよい候補 56,534票(次点、惜敗率89.7%) 近畿ブロック比例復活当選 2選達成!

 木村やよい候補は、前回2014年の総選挙では、比例北関東ブロックから立候補し当選しました。前京都3区支部長の議員辞職に伴い、木村議員がこの支部長を昨年から引き継ぎました。京都3区に移ってまだ日が浅く、地元での知名度も浸透していないなかで選挙を迎えることになりました。しかも、対抗馬は6期13年議席を維持している強敵です。

 木村候補は、自民党女性局の重点候補にあげられ、連日のように、小泉進次郎筆頭副幹事長をはじめ自民党の幹部議員が応援に入られました。また、京都府連も強力にバックアップ。もちろん、看護連盟・看護協会も連日応援。選挙区では、惜しくも及ばなかったものの惜敗率89.7%と善戦しました。近畿ブロックで復活当選を果たしました。

 

看護連盟NEWS

Pagetop