日本看護連盟について

役員紹介

安東和代 幹事

一言メッセージ
役の重要性をしっかり受け止め、会長として 培った経験を活かし、取り組んでいきます

 これまで臨床の現場で看護師として、看護教育の現場で看護教員、行政の場での看護担当、最後に看護管理者として約40年間、看護の仕事に関わってきました。この間、貴重な経験を積ませていただき、看護にやりがいを感じながら仕事をしてきました。

 看護協会の委員・役員も担い、看護連盟活動は公務員であるため制限があり、表に立っては活動できませんでしたが、裏からしっかり支援してきました。(大半の仲間は入職以来、協会員であり連盟会員です。)

 看護連盟活動に本格的に取り組んだのは、退職後に大分県看護連盟の会長を引き受けてからです。会員・役員の方々等、多くの方のご支援・ご協力をいただきながら活動しています。

 連盟活動は政治に関わりを持つことから、難しく、大変なことも多々ありますが、“連盟活動をやるからには、楽しくやろう”をモットーにしています。

 これまでの経験を活かし地方都市の活動の状況を伝え、重要な役割の一端を担っていきたいと思います。

プロフィール

1968年  大分県立病院入職
1971年  厚生省看護教員養成講習会修了
1972年  大分県立厚生学院専任教員
1986年  大分県環境保健部医務課看護係
1989年  大分県立病院副師長
1994年  大分県立病院教育担当師長
1998年  大分県立三重病院副総師長
1999年  大分県立三重病院総師長
2001年  認定看護管理者
2002年  大分県立病院看護部長
2006年  大分県立病院副院長兼看護部長
2007年  退職

Pagetop